こんな時に遺品整理業者

見られたくないものは遺品整理業者に

こんな時に遺品整理業者

こんな時に遺品整理業者

今の世の中は、パソコンが発達してインターネットが普及して色々なソフトが出来て、簡単になったものってたくさんありますよね?

昔は、全部手作り立だったものが今では簡単につくれる便利な世の中になった。

職人技も今では、それにとったかわられた形になり、どんどん衰退していったいる。

オレは、中学生の頃からアイコラの魔術士と呼ばれていた。

アイコラってわかるかい?例えば、好きなアイドルの顔を裸の女性にうまく張り付けるんだ。

すると、そのアイドルがまるで裸になったように見えるこれがアイコラだ!魔術士と呼ばれていたと言ったが自分で自分をそう呼んでいただけで一人で楽しんでいた。

他のヤツがパソコンに移行していくのをしり目にオレは、時代への壮大なアンチテーゼのように作りまくった。

その作品群は誰にも見られてはいない。

実家から独り暮らしになるときに、その作品群はともに引っ越したが、あることに気が付いた。

もし、姉に何かあった場合、この作品群が人目に晒されることになる。

そうならないためにオレは、遺書に遺品整理業者に処分してもらうようしたためた。

これでオレの作品はオレとともに伝説になるのだろう。


Copyright (C) www.wvcorridord.com. All Rights Reserved.

こんな時に遺品整理業者